阪神応援ブログ 時々 釣り日記

どんなに負けても阪神を応援するブログ!時々釣り日記!!

巨人に負け越し

最後は植田海盗塁で盛り上がったが

6回のホームランの打ち合い。

ツーランとソロの差がそのまま、勝敗につながった。

 

テルの甲子園レフトスタンドへのホームランは、ああ、浜風でもホームラン量産できるだ、とファン待望の1発で満足感たっぷりではあった。

 

しかし、テル以外の3番から6番までがノーヒットでは勝ち負けにはノーチャンス!

 

アッキャマンもよく投げたけどなあ。

 

最後、梅ちゃんが粘って四球で、すかさず代走植田海が2盗決めて、糸井近本に勝負を託したのだが。

 

ま、カード1戦目でもう、巨人はギブアップしたかのように見えたから、ま、仮死状態からサバイバルした感じかな。

 

気持ちを緩めないためには、3連勝なんてしなくてよかったのかもしれない。

 

来週からリスタート。オリンピックブレークまでがむしゃらにいきたい。

 

阪神ファンも気を緩めないよう、ブログは、

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

7連勝でストップ

久しぶりの敗戦

先発伊藤将司はホームラン2本打たれながらも7回3失点。

調子はそんなに良くない感じだったけれどよく投げた、という部分とホームラン2本はいずれも2死から、なんとかできなかったのかと。でもソロだしなあ。

責められない。

 

攻撃は先制された後、1回裏に大山の渋いタイムリーで同点にしたが、その後、続かず。

これが結果的には響いた。

テルの1点差に追いつくアーチは出たものの、追いつかず。

 

ちょっと淡白な感じだったかな。

 

1点ビハインドで投げた藤浪も丸に被弾されるし、エドワーズも失点。

 

ゲーム差がありすぎて、ちょっと締まらない感じあるのかな。

観てる方も変な余裕もあったりするし。

 

まあでも、明日はがむしゃらに勝ち越ししたいね。

がむしゃらなロハスあげたりというのもいいかもね。

 

負けても余裕な阪神ファンブログは、

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

 

どうした巨人、どうした原

ゲーム差8。3位に転落の巨人。

先発西勇輝は初回、四球やエラーもあって作った満塁のピンチ。そんなに調子が悪くなくても、あっさり得点を許すパターンなのかもと頭に過るが、無失点で切り抜ける。

相手メルセデスも西と同じような感じ、決して悪くない調子だったが、ピンチを招き、エラーに記録されないヒットもあり、あっさり3失点。

 

この3-0は0-3になってもおかしくなかった。

 

3-0になっても四球エラーから西はピンチを招くが、無失点でしのぐ。

一方、メルセはそんなに打たれてもいないのに満塁になって降板。

そして、その直後、サンズのグランドスラム❗️

 

そして、その後は淡々とイニングを消化。

完璧な勝利とも言える。チームの勢いの差を点差以上に感じるゲームでもあった。

 

気になるのは巨人の元気のなさ。覇気のなさ。

メルセの交代とか、なんか無意識というか、意図が見えないというか、戦略が感じられず正直、残念。

敵に塩を送るつもりはさらさらないが、巨人が自滅して優勝しても嬉しくはない。ヤクルトはさすがに相手にならない。

パの覇者から日本一を奪うにはぬるい戦いは禁物だ。

そんな巨人に同調した感もあった今日の阪神。エラーもあり、マルテの怠慢走塁ありと、締まらないところも見え隠れ。

 

交流戦でのスリリングな戦いから、少し間の抜けたゲームにも、華があった。

及川の1イニングは秀逸だった。

 

巨人と8ゲーム差に少し気持ちが追いつかない阪神ファンブログは、

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

 

 

巨人さん、ごめんやで。

ロハスジュニアが今日もファームでホームランを放ったとか。

サンズ、ガンケルは去年よりも頼れる感じだし、マルテに至っては来日から最もいいシーズンだしね。

アルカンタラもらしさを徐々に出し始めてる感じかな?

チェン、エドワーズもこれから1軍の戦力となる場面ありそうだし。

 

対して悲哀を感じるのは巨人。

スモークが退団だって?

あのホームへ滑り込まなかったプレーとかなんか気になってたけど、コロナ禍がこんな形で出てくるとはかわいそうというかなんというか。

テームズもショッキングな離脱だったしね。

オフの獲得時のニュースだと、ボーアクラス、もしくはそれ以上の実績誇るメジャーリーガーが2枚入るというのは相当、強力だと思っていたけれど。

 

ロハスめちゃくちゃ欲しいやろうな。

でも、そればっかりはごめんやで。

 

巨人に想いを馳せる阪神ファンブログは、

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

青柳が日本代表になるとは

侍ジャパンに青柳、岩崎が選出

青柳がほんとに選ばれたね。雨が心配やけど。

でも、今以上に進化するかもしれんから、楽しみ。これから、大エースになったりするんかな。

岩崎優も交流戦で調子落としたから、ないと思ったけどなあ。まあ、シーズンとはまた違う緊張感。優勝プレッシャーのリハーサルってところかな。

 

しかし、残念なのは梅ちゃん!正捕手でも控えでも代走もいけるし、人数が限られているとはいえ入ってくると思ったけどなぁ。

 

そして、佐藤輝明。

現状の使い勝手とかより、将来のジャパンを考えた場合、絶対必要だから、テルは入れて欲しかったな。仮に出場機会がほとんどなくてもね。誰よりもテルの経験はジャパンの経験となると思ったんだけどな。

 

ま、でも今までは全然お呼びかからんかっただけに、選出されたり、選出されると噂になったりと、戦力が整ってきたという証やね。

 

侍ジャパンも応援し甲斐がある阪神ファンブログは、

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

 

ロハスが1軍の戦力となった時

木曜からの1ヶ月

オリンピックブレークまでの一つの節目。

交流戦で一時不安視された中継ぎ陣は藤浪が入って難しいポジションをこなして、ひと息。

岩崎優も戻ってくるだろうし、岩貞も調子上がるはずでメドはついている。

及川も適性ありそうで左で若いピッチャーが入ると戦力もムードも盛り上がるだろう。

心配というか、やりくりおかしくなると厄介かなと思うのが、外国人起用。

 

ロハスジュニアがファームとはいえ甲子園で3連発。交流戦明けからすぐにでも使いたいところだが、外野はサンズ近本テルで埋まっている。

 

好調時は固定メンバーでという考えもあるが、誰かが離脱した時にすぐに、その代わりをというのも虫がいい話。

誰が離脱してもいいようにある程度の出場機会を確保して、ゲームを消化しておきたい。

コロナもあるし、オリンピックもあるし、また、ここ最近、阪神は優勝争いをしたことがないのだから。

終盤で何があるかは分からない。

 

できれば、サンズマルテに大山テル、そしてロハスの5人をローテ回しながら起用したい。

 

6連戦で1日休養がある感じ。大山やテルまでローテに加える必要はないかもしれないが、入れないと外国人野手3人で2つのポジションをになうから、6連戦だと2日ゲームに出ないことになってしまう。

 

大山も今シーズンはいったん離脱しているし、テルはオリンピック出場の可能性もあるだろうし。

 

ロハスジュニアが額面通りの活躍を見せてくれるようになったら、貯金の数がどうとかゲーム差が幾つとか関係なく、もう、阪神の優勝はほぼ内定と言っていいのではないか?

 

優勝争いに慣れていない阪神ファンブログは、

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

梅ちゃんのディレードスチール。

テルにお小遣いって

いいなと思った。おじいちゃんにとっては今までと同じ孫な訳だし、数ヶ月前まで大学生で久しぶりに会ったら、お金渡して好きなもん食べや、っていう感覚なんだろう。

こういう人が周りにいる限り、テルはもっともっと成長するだろう。

 

昨日の決勝点。

梅ちゃんのディレードスチール。

まず、3つ目の四球を取ったこと。しかも全て2死からで、また、ことごとく得点に繋げたこと。それだけでもすごく価値があるんだけど。

場面は守ってきたリードを土壇場で同点にされた直後の9回。相手はリーグ屈指のクローザーですでにツーアウト、ランナーなし。

せっかく出たランナー。慎重になってもおかしくない。いや慎重になりすぎる心配があった。

 

当然、ベンチに代走の考えはあったと思う。

ベンチにはまだ植田海がいたし、キャッチャーは坂本原口の2人が残っていた。

だけど、ベンチ前では藤浪が準備。

同点でいいという判断?サヨナラ負けも受け入れるということ?

 

試合後の矢野監督や梅ちゃんのインタビュー見ても、よくわからないが、サインプレーなのか、梅ちゃんの単独プレーなのか、隙があるならいっても良いということだったのか?

誰の判断や発案か?はともかく、普通の盗塁ではなく、ディレードスチールの方が成功の確率高く、リスクが小さいということだったのだろう。

虚をつかれたのは楽天キャッチャーではなく、二遊間の方だったと思う。明らかにセカンドに入り遅れて、3進を許してしまう。

 

ペナントが続くだけに、サインであってもサインと言いたくないのか?

梅ちゃんのキャッチャー的思考のひらめきだったのか?

どっちにしろ、思いついたことよりも、実際にトライしたことが大きい。

 

近本のタイムリーは明らかにやってやった者と、してやられた者の差が自然の摂理のようにタイムリーを放たせたように映った。

 

これをパの首位相手に実行できたこと。これは巨人以下セの各チームに与えた衝撃は大きいと思う。

 

もしかすると、あのディレードスチールは阪神の黄金期の幕開けだったと記憶されるシーンなのかもしれない。

 

リーグ再開が待ち遠しい阪神ファンブログは、

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村